KONITANとパソコン

KONITANはMacを使っています

ブログ背景D

「筆まめVer.18」 と「Word 2007」で 往復はがきを作る

Fudemame21 10月になると、同窓会などが行われることが多いようです。案内と出席欠席には、今でも往復はがきが多く使われています。

 

 

 

住所録の管理や宛名を印刷するのには「筆まめ」がとても便利ですが、文面を作成するのには、「筆まめ」よりも慣れている「Word」で作りたい人が多いのではないか、と思います。
したがって、往信面、返信面ともに、住所・名前などは「筆まめ」で作成して、文面は「Word」で作って「筆まめ」にコピーをするのが一般的だと思います。
ハガキサイズの文書を作るのは、2007831日の記事「名刺の作成」について書いてありますので、それを参考にしてください。名刺と違うところは、『サイズ』で「はがき」を選び、印刷の向きを「縦」にして、『余白』はすべて「5mm」程度にすると良いと思います。

 

 

 

Word 2007」で文面ができたら、ホームタブで『編集』⇒『選択』⇒『すべて選択』とクリックしてから、『コピー』をクリックします。
その後に、「筆まめ」の「
往復はがき」画面で『編集』⇒『貼り付け』とクリックすると、文面のところに貼り付けが行われます。あとは、全体の位置を少し修正して、完成です。