KONITANとパソコン

KONITANはMacを使っています

ブログ背景D

CanoScan 8800Fで35mmネガフィルムのスキャン(その後2)

Gazousettei 前にも書きましたが、CanoScan 8800Fでフィルムをスキャンするときは、Photoshop ElementsからScanGearで読み込んでいます。
9900F
のときには、スキャンして読み込んだものをPhotoshop Elementsで、例えば「画質調整」→「自動スマート補正」などで修正してから、jpegに変換して保存していました。

8800Fでも、初めのうちはPhotoshop Elementsで修正していましたが、スキャナーの『画像設定』をするだけで、割と良い画像を取り込むことができると感じました。
したがって、スキャナーの『画像設定』で調整して読み込み、Photoshop Elementsでは読み込んだデータを修正しないで、ファイル名を付けてjpegに変換して保存するだけに使っています。

上の図は、『画像設定』で多く使っている例です。『褪色補正』は「標準」にすることも多いですし、『逆光補正』を「標準」にすると きれいにスキャンできることがあります。
『画像設定』は、1コマづつに対して できるようになっていますが、普通はネガフィルム1本ごとに設定をしています。