KONITANとパソコン

KONITANはMacを使っています。最近はiPadの方を多く使っています。

ブログ背景梅

Mac mini Thunderbolt接続SSDを起動ディスクにする

Satau_4  

Ssd_3

Mac mini
Thunderbolt接続したSSDを起動ディスクにすると、どうなるのか知りたかったので調べてみました。Thunderbolt接続については、一様に次のように言われています。
・価格が高い−−−言われなくても見れば分かる。
・速い−−−当たり前だ、高くて遅けりゃ誰も使わない。

知りたかったのは、S.M.A.R.T.がどうなっているのか、TRIMがサポートされるのか、などだったのですが探してもデータが見当たりませんでした。
そこで、Seagate GoFlex Thunderbolt Adapter住友電工のケーブル、INTELSSDを使って確認してみました。

『このMacについて』を見てみると、予想通りでしたが、
・シリアルATA のところにUnknown AHCI Standard Cntrollerと表示され、SSDが接続されていることが分かります。
・また、S.M.A.R.T.が『検証済み』、TRIMサポートが『はい』になっていることが分かります。

実際に使ってみると、かなり速いですが、内蔵SSDにはかないません。それでも外付けの起動SSDとして十分に使える速度だと思います。
ただし、理由ははっきりしませんが、時々フリーズします。
Mac mini
、ケーブル、AdapterSSD などのそれぞれにファームウェアがあることが、気になります。

これらすべてのファームウェアを、一括してアップデートできると良いのですけれど、メーカーがそれぞれ違うので、難しそうです。