KONITANとパソコン

KONITANはMacを使っています

ブログ背景D

MacでOfficeを購入する必要はあるのか

この記事は、KONITANとMac miniで書いた記事ですが、Windowsでも参考になると思います。

Macは、Windowsパソコンと違ってWordExcelは付いていません。元々、Windowsパソコンにも付いていないのですが、知らない内に1万円以上もするソフトを、買わされているだけのことです。
Windows
でも、最近はWordExcelが付いていないモデルを用意しているメーカーがあります。

Word
はとてもたくさん売れたソフトです。Windowsパソコンを経験した人は、ほとんど全ての人が使ったことがあるでしょう。元々ワープロを使っていて、Wordで文書を作成するようになった人も多いと思います。Word は、Windows XPの頃から既に機能がとても多くなり、最近ではものすごく多くなっています。一方、我々が使うごく普通の文書は、1万円以上もするソフトを買わなくても、作成することができるのです。

意外と知られていないのは、
WordExcelPowerPointなどで作成したものを見るだけのときは、Officeソフトは必要ないということです。WindowsではMicrosoftが見るだけのソフトを無料で提供しています。Macでは、特に何もしなくてもほとんどの場合、見ることができるようです。
もう一つの方法として、
Macの場合、例えばLibreOfficeを使う手があります。LibreOffice Writerは、Wordとほぼ互換性があり、操作方法も似ており、しかも無料で使えます。

Mac
で何らかの文章を作るとき、最善の方法は多分Pagesを使うことだと思います。このソフトはAppleの純正ソフトで価格は1,700円です。Macではとても簡単にPDFファイルに変換できるので、他の人にメールで送るようなときは、これを使えば全く問題ありません。

それでも例えば、どうしてもWordExcelを使いたいというときは、Mac用のOfficeを購入する と良いと思います。幸いOfficeMac用ソフトは、Windows用よりもずっと安く購入できるようになっています。