KONITANとパソコン

KONITANはMacを使っています

ブログ背景D

Mac miniで Parallels Desktop 8 for Macを使ってWindows 7を実行する

Windows7

MacWindowsを実行するには、無料のブートキャンプを使う方法と、有料の仮想化ソフトを使う方法とがあります。仮想化ソフトはParallels DesktopVMware Fusion2種類とがあります。それぞれ長所・短所があるようですが、私はParallels Desktop 8 for Macを使うことにしました。
これがあると、Mac上でWindows XPUbuntなども実行することができます。

Parallels Desktop 8 for Mac
は、無料体験版があります。そこで、前もってWindows Vistaをインストールして使ってみてから、購入を決めました。その後Windows 7にアップグレードしています。現在Windows 730日間の試用期間中ですが、このWindows 7は他のパソコンで使っているものなので、Mac上で使い続けるかどうか考慮中です。Macで使い続けるためには、新しくWindows 7を購入するか、他のパソコンでWindows 7を使うのを止めるかしなければなりません。Windows はとても高価で1万円以上します。Macの最新OS1,700円だというのに。
参考までに、Parallels Desktop 8 for Mac5,000円~7,000円位です。すなわち、MacParallels を使ってWindowsをインストールして実行するためには、15,000円以上が必要です。これ以外に、セキュリティソフトなどが必要になります。

私が使っているMac miniは、2011
一番安価なMC815J/A、メモリー8GBです。実際にParallels DesktopWindows 7のソフトを使ってみると、やはり非力な気がします。一応動けばよいだけならばなんとかなりますが、本格的に使うのならば、Late 2012i7モデルで、メモリー16GBが良いと思います。