KONITANとパソコン

KONITANはMacを使っています。最近はiPadの方を多く使っています。

ブログ背景梅

WZR-900DHPを無線LAN親機としてWZR-600DHP2を中継機として設定した

Em0321t

WZR-900DHPは中継機として暫らく使ったので、まずこれを初期化します。
機器底面のRESETスイッチを、POWER/DIAGランプが赤色に点灯するまで、3秒間ほど押し続けます。その後再起動して出荷時の状態になります。

WZR-900DHPを無線LAN親機として使う
これまで無線LAN親機は、数台買い換えています。そのたびに、SSID、暗号キー、IPアドレスなどを変更していました。これらの作業もだんだん面倒になってきたので、今回はズボラ設定で使うことにしました。つまり、なるべく初期設定のままで使うということです。
まず、「エアステーション設定ツール」をダウンロードインストールしました。実行すると、WZR-900DHPが見つかり、IPアドレスはDHCPサーバーから自動的に取得されたもののようです。すなわち、IPセグメントが異なるために悩むことはありませんでした。
ただし、新しいファームウェアがあるというメッセージが出ていたので、アップデートを行ないました。このアップデート手順については、動画で見ることができます。
「エアステーション設定ツール」をインストールしてファームウェアをアップデートしましたが、設定は何も変えていません。

無線LAN親機の設定をそのまま使うので、Windowsパソコン、MaciPadiPoneKindle PaperwhitePIXUS MG6230の接続設定をし直しました。これらの設定は、最近はとても簡単になっていて、SSIDを選んで暗号キーを入力するだけです。ただし、Windowsは余計なことを聞いてくるのでうっとおしいです。PIXUS MG6230の暗号キー入力が面倒なのは、仕方がないでしょう。製品付属の説明書『4暗号化キーを入力して無線接続するには』に手順が書いてあります。

WZR-600DHP2を中継機として使う
製品付属の説明書『5中継機として使用するには』に従って操作すると、中継機として使えるようになりました。