KONITANとパソコン

KONITANはMacを使っています

ブログ背景D

PDF利用の勧め

Adobereader
PDFは、印刷イメージをそのままデジタル化するための形式で、PDFファイルの拡張子は.pdfです。つまり「ファイル名.pdf」というファイルは、PDFファイルです。
PDFファイルには、フォント、レイアウト、画像、などの情報も含まれます。


PDFファイルを見るためには、通常Adobe Readerというソフトを使います。Adobe Readerは、多くのOSに対応したものが、無料で用意されています。したがって、Windowsパソコン、MacLinuxパソコン、またiPadなどのタブレット端末で見ることができます。


よく使われているのは、ネット上でメーカーが公開している、カタログ、使用説明書などです。テレビ、掃除機、デジカメの使用説明書などのPDFファイルをダウンロードして、パソコンやタブレット端末で見ることができます。もちろん、iPhoneスマートフォンでも見ることができます。


例えば日立の家電では、[お客様サポート]→[取扱説明書ダウンロード]で取扱説明書の.pdfファイルをダウンロードできます。また、パソコン用Adobe Readerダウンロードサイトへの案内もあります。
私の身近な例では、元勤務していた会社関連のメールマガジン、以前はワードファイルで作成されていましたが、数年前からPDFファイルで送られてくるようになりました。


メールに添付するファイルは、読んでもらう見てもらうだけの目的ならば、WordやExcelで作成したファイルをそのまま送るのではなく、PDFファイルとして送る方が良いと思うのですが。

つまり、紙に印刷して渡すかわりに、PDFにしてデジタルで渡すのです。