KONITANとパソコン

KONITANはMacを使っています。最近はiPadの方を多く使っています。

ブログ背景梅

iMac Photoshop Elementsで LINE スタンプをスマートに作る相談

3
2014年9月12日の記事で書いた、WindowsからiMacに買い替えた友人から連絡がありました。Photoshop Elements 11でLINEスタンプを作成しているが、相談したいことがある、ということで訪問してきました。


前回、Numbersの使い方でおじゃましたのが3月なので、まずTime Machineのバックアップを確認しました。外付けHDの電源が切れていたので、接続して確認してみると、6月中旬以降のバックアップがありません。また、Macintosh HDのはずのドライブ名が、おかしな名前に変わっています。

そこで、ハードディスク名をMacintosh HDに直して、Time Machineが動くようにしました。
その後、余った時間で、OnyXをインストールして自動処理メンテナンスを実行しました。

さて、本題のLINE スタンプについてですが、この友人は絵やデザインの心得があり、これまでにも自分で描いたイラストをスキャナで読み込んでPSEで加工をしていました。
伺ってみると、LINEスタンプ用のイラストが、色を付けテキストと合成されたpngファイルが数十個も作成されていました。

そして、相談内容は、「画像サイズの変更」、「透過処理」などについてでした。

以下、オススメの処理などについて順不同でメモとして残しておきます。
・処理の途中結果は、全てPhotoshop形式 .psdファイルとして保存する。
・スタンプの大きさは全て320x320 pixelの正方形で良いのではないか。
・その場合、まず600x600のカンバス上でイラストを作成する。
ーーー処理を進めるとき、300x300では小さすぎるので、縦横2倍で処理する。
・イラストができたら、イメージ→サイズ変更→カンバスサイズ、で640x640として周りに20 pixelの透明な部分を付ける。
・ファイル→Web用に保存→PNG-24を選び、変更後のサイズを320x320として保存する。
ーーーイラストが完成して、pngに変換するこの段階で、目的のサイズにする。
・今回のイラスト手描き原紙はハガキ大で、スキャンするときは線の太さなどから150dpi程度が良さそうだ。