KONITANとパソコン

KONITANはMacを使っています

ブログ背景D

High Sierra をクリーンインストールしてOfficeとParallelsはインストールしない

私が使っているのはMacBook Pro 13 Mid2014、基本モデルなのでストレージは128GBしかありません。したがって、今回Higi Sierraクリーンインストールするのを機会に、無くても良いソフトはインストールしないことにしました。



具体的には、Office for Mac 2011およびParallels Desktop 11 for Mac はインストールしていません。したがって、Windows 8からアップグレードしたWindows 10、もインストールしていません。


ここで、OfficeおよびParallelsのソフトは、これからも他のMacで使えそうですが、Windows 10はこのMacにインストールするのも難しく、他のパソコンには使えないようです。


Office for Mac 2011については、ここ数年間WordもExcel全くと言ってよいほど使っていません。そのかわりに、PagesおよびNumbersを使っています。比較的に多いのは、送られてきたExcelファイルをNumbersに変換して、それを加工して使うことです。


現在は、他にOfficeが入っているWindows 7パソコンもあり全く心配ありませんが、今後もOfficeを使う必要はなさそうです。

Parallels Desktop 11 for Macは、Windowsを使うためにインストールしていたのですが、Windows 8からアップグレードしたWindows 10もほとんど使っていません。
これも、どうしても必要なときはWindows 7パソコンで間に合います。



使う人や使い方によっては、MacWindowsも使えるのはとても便利です。ただし、どうしてもWindowsを使う必要がある人は、低価格のWindowsパソコンを買う方が有利なのではと思います。例えば、Parallelsのアップデート費用だけでも馬鹿になりません。


私の場合は、Windows 7パソコンを録画や、動画編集・DVD作成などに使っています。したがって、特別なボードを使った自作パソコンです。つまり、低価格なWindowsパソコンでは代用できないのが悩みです。