KONITANとパソコン

KONITANはMacを使っています。最近はiPadの方を多く使っています。

ブログ背景梅

光回線の速度(2) 最大1Gbpsとは

インターネットでは、最大1Gbpsなどという言葉をよく耳にします。パソコンの世界では、この『最大速度』を使うのが大好きな人たちが多いようです。いかにも速いような感じを受けるこの『最大速度』ですが、『最大風速』ではなくどちらかと言うと『最大瞬間風速』のほうに似ています。一般的には、理論的に一番速く動くときのことを言うので、実際に私たちが使うときの速度は『最大速度』よりもズーット遅くなります。
ただし実際には、この最大速度が速いということも大切なことです。

 

 

一般にインターネット回線で最大1Gbpsというのは、『1Gbpsの回線を最大32ユーザーで共有するもの』なので、これだけからでも、最大1Gbpsの速度を期待するのは無理なように見えます。
他の31ユーザーがまだ居ない場合や、他のユーザーがほとんど使っていない場合は、速度が1Gbpsに近づくことがあるのかもしれません。
また、最近のフレッツではユーザーが使うときの最大速度を最大100Mbpsに制限しているようです。

 

 

 

その前に、元々速度を測ることが難しいという問題があります。個人では測定器などは無いので、速度測定サイトを使うことになると思います。しかし、速度測定サイトもたくさんありますし、サイト内でも測定の仕方がいくつかあります。私は、Radishで「東京」→「測定精度 高」、「データタイプ 圧縮効率低」にして測定しています。
http://netspeed.studio-radish.com/