KONITANとパソコン

KONITANはMacを使っています。最近はiPadの方を多く使っています。

ブログ背景梅

BUFFALO WZR-900DHPを中継機として設定してみた

Eosm_0013t

アクセスポイントとして使っているCG-WLBARAGNDは、IPアドレスを変更しています。また、SSID、暗号化キーも変更し、MACアドレスフィルタリングも使っていました。その他の設定も、若干変えているところがあります。
WZR-900DHPを中継機として使うためには、MACアドレスフィルタリングを使わない方が簡単なので、これを解除しました。

余談ですが、CG-WLBARAGNDを使い始めたときに、「コレガ無線ルーターCG-WLBARAGNDの設定をする」(2008314日の記事)として、SSIDはステルスをかける、MACアドレスフィルタリングなどと書きました。その後、SSIDのステルスは使いにくいだけで効果なし、なので止めていました。MACアドレスフィルタリングは何となく使い続けていたのですが、これも使いにくいだけで効果なしだそうなので、今後は使うのを止めます。

中継機としての設定手順は、製品付属の説明書『5中継機として使用するには』に従って操作しました。途中、CG-WLBARAGNDにはWPSボタンがあるので、これを使いました。簡単な操作で中継機として設定できるのは、なかなか良くできていると思います。
これでWZR-900DHPを中継機として使うことを確認できました。ただし、これでは少しもったいないので、WZR-900DHPは親機として使い、中継機としては、WZR-600DHP2を使うつもりです。

これも余談ですが、20131127日に新製品WZR-900DHP2 およびWZR-600DHP3が発表されています。特に新製品を使いたいとは思いませんが、12月になって出荷が始まると、WZR-900DHPおよびWZR-600DHP2の価格は下がるかもしれません。