KONITANとパソコン

KONITANはMacを使っています。最近はiPadの方を多く使っています。

ブログ背景梅

AcerデスクトップパソコンAspireX5812-A50FのWindows 7 を再インストールしました

Acer
2010
112日の記事で書いた、AcerのデスクトップパソコンのWindows 7を再インストールしました。
だいぶ前から、パソコンの調子が悪くて、ときどき落ちると言われていました。最近、速度もかなり遅くなって来て、一日に数回落ちるようになったそうで、再インストールを頼まれました。
半年ほど前にも、遅さ対策としていくつか手を打ったのですが、あまり効かなかったようです。
かかった時間は、朝9時から始めて夕方5時まで。8時間で、ほぼこれまでの状態に戻りました。

OS
の再インストールは、Macの方が断然楽で時間もかかりません。Macの場合は最新状態のものをダウンロードインストールすることができます。ハード・ソフトを一体で提供しているアップルとソフトだけを提供しているマイクロソフトとの決定的な違いです。UNIXWindowsの違いかもしれません。

Windows 7
の再インストール自体はそれほど大変ではないのですが、インストール後のWindows updateに、とても時間がかかります。面倒なのは、現在インストールされているアプリケーション ソフトのインストール、データや設定の移行をして、これまでと同じようにパソコンを使うことができるようにすることです。

これら一連の作業を依頼したときの費用を、ヨドバシカメラで確認したところ、最低45万円かかると言われました。また、再インストールは訪問作業を行わないので、持ち込まないとダメだそうです。理由は、何時間かかるか分からないからだそうです。

再インストールの前に、Windows 7Officeのプロダクト IDを確認しました。Officeのパッケージはいくつかお持ちでしたので、再インストールするパソコンにバンドルされたものを入れ直すためです。
それから、Acronisを使って、ハードディスクの内容を丸ごとバックアップしました。このパソコンは、eSATAがあるので、これで外付けのハードディスクと接続しました。

このパソコンには、Acer eRecovery Managementというソフトがあるので、これを使ってCドライブを全部消してWindows 7を再インストールしました。何故かかなり時間がかかりました。
セキュリティーソフトは、Nortonの体験版をインストールして、いよいよWindows updateです。1回目は数を見なかったのですが、2回目は132個。何故かときどきひっかかって動かなくなります。途中で気がついたのですが、再起動が必要なときに止まってしまいメッセージが出ないようです。

一段落したところで、WordExcelPowerPointのインストール。またまたWindows update22個。その後、筆まめのインストール、プリンターを使えるようにしてとりあえずソフトのインストールは一段落。
それから、ドキュメント、ピクチャなどのデータを元のところに戻しました。この作業中にも、気がつくとWindows updateによる再起動要求が何回もありました。
その他、Windows Live Messengerを出てこないようにした、等々です。