KONITANとパソコン

KONITANはMacを使っています

ブログ背景D

Mac mini Mountain Lion アップグレードインストールで起こった気になること

Photo

(1)インストールが終了して再起動のところで、いつまでも終了しない。面倒なので、電源ボタンの長押しで強制終了しました。こういうことは何となく後味が悪いのですが、その後悪い影響は出ていないようです。

(2)電源を入れると、ゲストもログインができるようになりました。Lionと違って、Mountain Lionではこれがデフォルトなのでしょうか。
これについては、「システム環境設定」の「ユーザーとグループ」で、「ゲストにこのコンピュータへのログインを許可」のチェックを外すことで治せるので、特に問題にはなりません。

(3)なんとなく挙動不審に見えたので、念のためにディスクユーティリティで「ディスクのアクセス権を検証」を実行してみると、エラーの山。
「ディスクのアクセス権を修復」で修復できなかったのは、次の項目です。
『警告:SUID ファイル“System/Library/CoreServices/RemoteManagement/ARDAgent.app/Contents/MacOS/ARDAgent”は変更済みで、修復されません。』
また、「ディスクを検証」ではエラーは出ませんでした。この警告については、無視してかまわないということなので、このまま使おうと思います。

ただし、アップグレードの前には「ディスクのアクセス権を検証」を実行していないので、アップグレードによるものかどうかは分かりません。