KONITANとパソコン

KONITANはMacを使っています

ブログ背景D

Mac mini Mountain Lionへのアップグレード

Mountain_lion

Mountain LionがプレインストールされたMacの場合は、何も悩むことはありません。しかし、Mac mini 2011では、最近購入したものでも、多分Lionがインストールされていると思います。私が購入したMac miniは、OS X Mountain Lion Up-to-Dateプログラムの対象で、無料アップグレードすることができます。こういう場合、もちろんLionで使い続けることもできますが、多くの人はアップグレードを行なうと思います。

具体的にアップグレードをするときは、次の2通りの方法があります。
(1) アップグレード インストール
(2) クリーンインストール
ほとんどの場合、まずアップグレード インストールを行ないます。使ってみて不具合があれば、クリーンインストールを行なうと良いかもしれません。

アップグレード インストールは、MacのOS部分だけを例えばLionからMountain Lionに置き換えるというものです。この良いところは、Macの内にあるアプリケーション、データ、設定などをそのまま使い続けることができます。つまり、ブラウザはそのまま使えるし、メールの設定、書類、写真、音楽などもこれまで通りです。
ただし、何らかの不具合が発生することがあります。

一方、クリーンインストールMac購入時と同じような状態になります。基本的にはMac内のシステム ハードディスクやSSDを消去して綺麗にしてからOSを書きます。したがって、事前にLionなどこれまで使っていたシステムやデータのバックアップをしておく必要があります。
こちらの場合、原則として色々な再設定、アプリケーションの再インストールなどが必要になります。